メニュー  → 漢方方剤  → 
木防已湯
木防已湯
(もくぼういとう)
構成生薬 木防已 , 石膏 , 桂枝 , 人参
適応病態 少陽病期の実証で,呼吸困難や浮腫,尿量減少に心下痞堅を伴う場合に用いられる
適応疾患 心不全,腹水,気管支喘息,肺水腫
原典 金匱要略
条文 「膈間支飲,其の人喘満。心下痞堅。面色黎黒。其の脈沈緊。之を得て数十日。醫之を吐下して愈えざるは,木防已湯之を主る(金匱要略痰飲病篇)」
備考 勿誤薬室方凾口訣には「此の方は膈間支飲ありて欬逆,倚息,短気,臥すことを得ず,其の形腫るるが如きものを治す。膈間の水気,石膏に非ざれば墜下すること能はず。越婢加半夏湯,厚朴麻黄湯,小青竜加石膏の石膏,皆同義なり。其の中桂枝,人参を以て胃中の陽気を助けて心下の痞堅をゆるめ,木防已にて水道を利する策,妙と云ふべし」とある