メニュー  → 漢方方剤  → 
続命湯
続命湯
(ぞくめいとう)
構成生薬 杏仁 , 麻黄 , 桂枝 , 人参 , 当帰 , 川芎 , 乾姜 , 甘草 , 石膏
適応病態  
適応疾患  
原典 金匱要略
条文 「古今録験続命湯,中風,痱にて身体自ら収むること能わず,口言う能わず,冒眛にして痛む処を知らず,或は拘急して転側するを得ざるを治す。並びに但伏して臥するを得ず,咳逆上気,面目浮腫するを治す(金匱要略中風歴節病篇)」
備考 陽証で実証の脳出血,あるいは脳梗塞後遺症に用いられる。本症例も陽証の脳梗塞後遺症であるが,虚実が異なることから除外される。釣藤散は少陽病期の虚実間証を病位とし,頭痛に耳鳴や肩凝りを伴うことが多い