メニュー  → 生薬学術情報  → 
当帰
当帰
(とうき)
当帰 入手時名称:当帰
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4904
Angelica acutiloba 植物名:Angelica acutiloba
撮影場所:日本, 奈良県
撮影日時:1994
撮影者:小松かつ子

生薬別名 大和当帰, 北海当帰, 秦帰, 帰頭
生薬ラテン名 Angelicae Acutilobae Radix
生薬英名 Japanese Angelica Root
科名 セリ科 Umbelliferae
基原 - トウキ Angelica acutiloba Kitagawa (IPNI:837548-1)
- ホッカイトウキ Angelica acutiloba var. sugiyamae Hikino (IPNI:60470529-2)
薬用部位
選品 よく肥大し,虫害がなく芳香の良いものを良品とする.馬尾当帰は良品.中国産「当帰頭」は上品質(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
[A. acutiloba]: Falcarindiol, Falcarinol, Falcarinolone

モノテルペノイド Monoterpenoids:
[A. acutiloba]: p-Cymene, Carvacrol

ステロール Sterols:
[A. acutiloba]: β-Sitosterol

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
[A. acutiloba]: Safrole, Isosafrole, Ferulic acid, Caffeic acid

クマリン類 Coumarins:
[A. acutiloba]: Bergapten, Isopimpinellin, Xanthotoxin, Scopoletin, Umbelliferone

フタリド類 Phthalides:
[A. acutiloba]: Ligustilide, n-Butylidenephthalide, n-Butylphthalide, Sedanonic acid lactone, Senkyunolide E, Senkyunolide F, Senkyunolide H, Senkyunolide I, Angeloylsenkyunolide F, Tokinolide A, Tokinolide B, Levistolide A

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
[A. acutiloba]: O-Valerophenone carboxylic acid, Vanilic acid, Biotin

ピリジンアルカロイド Pyridine alkaloids:
[A. acutiloba]: Nicotinic acid

プテリジン誘導体 Pteridine derivatives:
[A. acutiloba]: Folic acid

ポルフィリン誘導体 Porphyrin derivatives:
[A. acutiloba]: Vitamin-B12
薬理作用 鎮痛(ポリアセチレン類).抗炎症.解熱作用(精油).血圧降下.眼圧降下.抗アレルギー.
臨床応用 温性の駆お血,強壮,鎮静,鎮痛薬として,貧血症,腹痛,身体疼痛,月経不順,月経困難,月経痛,血行障害,その他婦人の更年期障害などに応用する.
頻用疾患 頭のふらつき, めまい, 目がかすむ, 動悸, 月経不順, 月経痛, 腹痛, 冷え, 打撲外傷による腫脹・疼痛, しびれ, 皮膚化膿症, 便秘
含有方剤 痿証方 , 胃風湯 , 烏苓通気散 , 温経湯 , 温清飲 , 乙字湯 , 乙字湯去大黄 , 加減涼膈散(龔廷賢) , 加味帰脾湯 , 加味四物湯 , 加味逍遙散 , 加味逍遙散加川芎地黄 , 栝楼枳実湯 , 帰耆建中湯 , 帰脾湯 , 芎帰膠艾湯 , 芎帰調血飲 , 芎帰調血飲第一加減 , 荊芥連翹湯 , 牛膝散 , 五積散 , 五淋散 , 柴胡清肝湯 , 紫雲膏 , 紫根牡蛎湯 , 七物降下湯 , 四物湯 , 消風散 , 逍遙散 , 神仙太乙膏 , 滋陰降火湯 , 滋陰至宝湯 , 滋血潤腸湯 , 滋腎通耳湯 , 滋腎明目湯 , 蛇床子湯 , 十全大補湯 , 十六味流気飲 , 潤腸湯 , 秦芁別甲湯 , 秦芁防風湯 , 清暑益気湯 , 清上蠲痛湯 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 清肺湯 , 折衝飲 , 洗肝明目湯 , 千金鶏鳴散 , 千金内托散 , 喘四君子湯 , 疎経活血湯 , 蘇子降気湯 , 続命湯 , 托裏消毒飲 , 大防風湯 , 猪苓湯合四物湯 , 通導散 , 当帰飲子 , 当帰建中湯 , 当帰散 , 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 , 当帰四逆湯 , 当帰芍薬散 , 当帰芍薬散加黄耆釣藤 , 当帰芍薬散加人参 , 当帰芍薬散加附子 , 当帰湯 , 当帰貝母苦参丸料 , 独活湯 , 女神散 , 人参養栄湯 , 八味帯下方 , 扶脾生脈散 , 補中益気湯 , 補陽還五湯 , 奔豚湯(金匱要略) , 防風通聖散 , 薏苡仁湯 , 抑肝加芍薬 , 抑肝散 , 抑肝散加芍薬黄連 , 抑肝散加陳皮半夏 , 竜胆瀉肝湯 , 連珠飲
帰経 心, 肝, 脾
甘, 辛
神農本草経 中品
中医分類 補養薬
薬能 補血活血,調経止痛,潤腸通便.血虚萎黄,眩暈心悸,月経不調,経閉痛経,虚寒腹痛,腸燥便秘,風湿痺痛,打撲損傷,癰疽瘡瘍に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
韓国産当帰は Angelica gigas Nakai オニノダケの根である.アンゲリカ根は A. archangelica L. の根である.『日本薬局方』では A. acutiloba 及び A. acutiloba var. sugiyamae の根が規定される.当帰のラテン名として,日局17では Angelicae Acutilobae Radixを,薬典2015では Angelicae Sinensis Radixをそれぞれ規定している.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Angelica acutiloba var. sugiyamae Hikino (IPNI:60470529-2)
rpl16-rpl14
 AB199892
atpF-atpA
 AB200215
Angelica acutiloba Kitagawa (IPNI:837548-1)
rpl16-rpl14
 AB199891
atpF-atpA
  AB200214