メニュー  → 漢方方剤  → 
加味帰脾湯
加味帰脾湯
(かみきひとう)
構成生薬 人参 , 白朮 , (蒼朮) , 茯苓 , 酸棗仁 , 竜眼肉 , 黄耆 , 当帰 , 遠志 , 柴胡 , 山梔子 , 甘草 , 木香 , 大棗 , 生姜 , 牡丹皮
適応病態 少陽病期の虚証で,抑うつ傾向よりは神経過敏やイライラ感がみられ,全身倦怠感や易疲労感,健忘,不眠などを伴う際に用いられる
適応疾患 虚弱, 貧血, 不眠症, 神経症, 顔面蒼白
原典 内科摘要
条文 「此方に柴胡山梔を加へたるは内科摘要の方なり前症に虚熱を挟み或は肝火を帯る者に用ゆ(勿誤薬室方函口訣)」
備考 済生方の帰脾湯に山梔子・柴胡を加えたものである。
一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp