メニュー  → 生薬学術情報  → 
茯苓
茯苓
(ぶくりょう)
茯苓 入手時名称:茯苓
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:12861
Wolfiporia cocos (Poria cocos) 植物名:Wolfiporia cocos (Poria cocos)
撮影場所:中国, 雲南省
撮影日時:1999
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Poria
生薬英名 Poria Sclerotium
科名 サルノコシカケ科 Polyporaceae
基原 マツホド Wolfiporia cocos Ryvarden et Gilbertson (GBIF:2549306)
薬用部位 菌核
選品 外面が黒色,内面が純白で,重質で硬いものが良品.雲南省産の野生品が最良(TN).
主要成分 脂肪酸関連化合物 Fatty acids related compounds:
Lecithin

多糖類 Polysaccharides:
Pachyman [β-(1→3)-glucanの多糖体]

トリテルペノイド Triterpenoids:
Eburicoic acid, Dehydroeburicoic acid, Pachymic acid, Tumulosic acid, 3-β-Hydroxylanosta-7,9,(11),24-trien-21-oic acid;
3-O-Acetyl-16-α-hydroxytrametenolic acid, 3-Epidehydropachymic acid, 3-Epidehydrotumulosic acid, Poricoic acid BM, Poricoic acid E, Poricoic acid F

ステロール Sterols:
Ergosterol

アミノ酸 Amino acids:
Histidine

その他の含窒素化合物 Other nitrogen containing compounds:
Adenine

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
Choline
薬理作用 血糖下降作用(水エキス,アルコールエキス),免疫増強作用(Pachyman).
臨床応用 利尿,鎮静薬として,排尿異常による浮腫,小便不利,めまい,胃内停水,心悸亢進,精神不安,失眠,筋肉の痙攣などに応用する.漢方では余剰の水を除き,脾の作用を高め,精神を安定するとされる.
頻用疾患 尿量減少, 浮腫, 食欲不振, 元気が無い, 腹満, 泥状水様便, 悪心, 嘔吐, めまい, 不眠, 不安感, 驚きやすい, 動悸
含有方剤 安中散加茯苓 , 胃風湯 , 胃苓湯 , 茵蔯五苓散 , 烏苓通気散 , 温胆湯 , 黄耆別甲湯 , 解労散 , 華蓋散 , 化食養脾湯 , 藿香正気散 , 加味温胆湯 , 加味帰脾湯 , 加味逍遙散 , 加味逍遙散加川芎地黄 , 栝楼枳実湯 , 枳縮二陳湯 , 帰脾湯 , 芎帰調血飲 , 芎帰調血飲第一加減 , 桂枝加苓朮附湯 , 桂枝去桂加茯苓白朮湯 , 桂枝茯苓丸 , 桂枝茯苓丸料加薏苡仁 , 啓脾湯 , 鶏鳴散加茯苓 , 堅中湯 , 香砂養胃湯 , 香砂六君子湯 , 甲字湯 , 杞菊地黄丸 , 五積散 , 牛車腎気丸 , 五淋散 , 五苓散 , 柴胡加竜骨牡蛎湯 , 柴芍六君子湯 , 柴朴湯 , 柴苓湯 , 酸棗仁湯 , 四君子湯 , 小半夏加茯苓湯 , 逍遙散 , 四苓湯 , 真武湯 , 滋陰至宝湯 , 十全大補湯 , 十味敗毒湯 , 浄腑湯 , 参蘇飲 , 参苓白朮散 , 清湿化痰湯 , 清心蓮子飲 , 清熱補気湯 , 清肺湯 , 赤丸 , 喘四君子湯 , 銭氏白朮散 , 疎経活血湯 , 托裏消毒飲 , 竹茹温胆湯 , 知柏地黄丸 , 釣藤散 , 猪苓湯 , 猪苓湯合四物湯 , 定悸飲 , 当帰芍薬散 , 当帰芍薬散加黄耆釣藤 , 当帰芍薬散加人参 , 当帰芍薬散加附子 , 二朮湯 , 二陳湯 , 人参養栄湯 , 八解散 , 八味地黄丸 , 八味帯下方 , 半夏厚朴湯 , 半夏白朮天麻湯 , 伏竜肝湯 , 茯苓飲 , 茯苓飲加半夏 , 茯苓飲合半夏厚朴湯 , 茯苓甘草湯 , 茯苓杏仁甘草湯 , 茯苓四逆湯 , 茯苓沢瀉湯 , 附子湯 , 分消湯 , 分心気飲 , 変製心気飲 , 補気健中湯 , 防已茯苓湯 , 味麦地黄丸 , 明朗飲 , 木防已去石膏加茯苓芒硝湯 , 抑肝加芍薬 , 抑肝散 , 抑肝散加芍薬黄連 , 抑肝散加陳皮半夏 , 六君子湯 , 苓甘姜味辛夏仁湯 , 良枳湯 , 苓姜朮甘湯 , 苓桂甘棗湯 , 苓桂朮甘湯 , 苓桂味甘湯 , 連珠飲 , 六味丸
帰経 心, 肺, 脾, 胃, 腎
神農本草経 上品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 利水滲湿,健脾寧心.水腫尿少,痰飲眩悸,脾虚食少,便溏泄瀉,心神不安,驚悸失眠に応用する.
薬徴 悸,及び肉じゅん筋てきを主治する也。傍ら小便不利,頭眩,煩燥を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
菌核はマツ(Pinus)属植物の根に寄生,伐採後3~4年を経た樹などの根の周囲に不定形塊状の菌核を形成する.菌核の中央に根が貫通したものを「茯神」と称して賞用する.近年茯苓は栽培品が多い.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Wolfiporia cocos Ryvarden et Gilbertson (GBIF:2549306)
28S
 EF397598
 EF397599
 EF397600
25S
  AF393081