メニュー  → 漢方方剤  → 
桂枝加苓朮附湯
桂枝加苓朮附湯
(けいしかりょうじゅつぶとう)
構成生薬 桂皮 , 芍薬 , 大棗 , 生姜 , (ヒネショウガ) , 甘草 , 蒼朮 , (白朮) , 附子 , 茯苓
適応病態 太陰病期の虚証で,関節の腫脹・疼痛,筋肉痛,四肢運動障害などがみられる際に用いられる
適応疾患 関節痛, 神経痛
原典 方機
条文 「湿家にして眼目明らかならざる者,或は耳聾し或は肉瞤筋惕する者は桂技加苓朮附湯之を主る。」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp