メニュー  → 漢方方剤  → 
猪苓湯
猪苓湯
(ちょれいとう)
構成生薬 猪苓 , 茯苓 , 滑石 , 澤瀉 , 阿膠
適応病態 陽明病期の虚実間証で,頻尿,残尿感,排尿痛,血尿などの排尿障害がある場合に用いられる
適応疾患 尿道炎, 排尿痛, 血尿, 浮腫, 残尿感, 排尿困難, 腎炎, 膀胱炎, 急性膀胱炎, 腎炎, 腎結石症, 尿道炎, 頻尿症, 口渇症, 腎炎, 腎結石症, 淋病, 下痢症, 血尿, ネフローゼ症候群, 腎結石症, 膀胱結石症, 乏尿
原典 傷寒論
条文 「陽明病,脈浮にして緊,咽燥き口苦く,腹満して喘し,発熱汗出で,悪寒せず,反て悪熱し,身重し,若し汗を発すれば則ち躁し,心憒憒として,反て譫語す,若し焼鍼を加うれば,必ず怵惕,煩躁して眠ることを得ず,若し之を下せば,則ち胃中空虚,客気膈を動し,心中懊悩,舌上胎の者,梔子豉湯之を主る。若し渇して水を飲んと欲し,口乾,舌燥の者,白虎加人参湯之を主る。若し脈浮発熱,渇して水を飲まんと欲し,小便不利する者,猪苓湯之を主る(傷寒論陽明病篇)」
「少陰病,下利すること六七日,咳して嘔し,渇し,心煩して眠ることを得ざる
備考