メニュー  → 漢方方剤  → 
苓甘姜味辛夏仁湯
苓甘姜味辛夏仁湯
(りょうかんきょうみしんげにんとう)
構成生薬 茯苓 , 甘草 , 乾姜 , 五味子 , 細辛 , 半夏 , 杏仁
適応病態 少陽病期の虚証で,小青竜湯証に似るが,四肢冷感が顕著で熱候が特徴なく,水様性鼻汁や水様性喀痰を目標に用いられる
適応疾患 慢性鼻炎,気管支喘息,気管支炎,気管支拡張症
原典 金匱要略
条文 「水去り謳止み,其の人形腫るる者は,杏仁を加えて之を主る。其の証応に麻黄を内るるべきも,其の人遂に痺するを以ての故に之を内れず。若し逆して之を内るる者は,必ず厥す。然る所以の者は,其の人血虚し,麻黄其の陽を発するを以ての故なり」
備考 小青竜湯証に似るが,四肢冷感が著明で,熱候のないのが特徴である。慢性の鼻炎・喘息・気管支炎・気管支拡張症で水様鼻汁,水様痰の多い例に頻用され,小青竜湯が有効であるが服用すると麻黄の副作用(胃部不快,食欲低下,動悸など)を来す例にも用いられる