メニュー  → 生薬学術情報  → 
五味子
五味子
(ごみし)
五味子 入手時名称:五味子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:1357
Schisandra chinensis 植物名:Schisandra chinensis
撮影場所:中国, 甘粛省
撮影日時:1992
撮影者:小松かつ子

生薬別名 北五味子
生薬ラテン名 Schisandrae Fructus
生薬英名 Schisandra Fruit
科名 マツブサ科 Schisandraceae
基原 チョウセンゴミシ Schisandra chinensis Baillon (IPNI:60456331-2)
薬用部位 乾燥した成熟果実
選品 表面にしわがあり,紫黒色を呈し,甘味のあるものが良い (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Fumaric acid, Citric acid, Malric acid, Tartaric acid

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Citral

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
Sesquicarene, α-Ylangene, α-Chamigrene, β-Chamigrene, Chamigrenal

ステロール Sterols:
β-Sitosterol

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
Schizandrin(=Schizandrol A), Gomisin A(=Schizandrol B), Gomisin B, Gomisin C, Gomisin D, Gomisin E, Gomisin F, Gomisin G, Schizandrin A(=Deoxyschizandrin), Schizandrin B, Schizandrin C, Schizandrel A, Schizandrel B;
Pregomisin
薬理作用 胃液分泌抑制,胆汁分泌促進(schizandrin).鎮静・鎮痛,体温降下,筋弛緩,ストレス性潰瘍抑制(schizandrin, gomisin A).鎮咳(gomisin A).運動失調,痙攣誘発,覚醒脳波発現(石油エーテルエキス).
臨床応用 鎮咳,収斂,止瀉,滋養,強壮薬として,咳があって口渇し,下痢が止まらず,発汗し,痰が多いものに応用する.肝臓障害にも用いられる.
頻用疾患 咳嗽, 呼吸困難, 自汗, 盗汗, 頻尿, 尿失禁, 下痢, 口渇, 疲労倦怠感, 元気が無い, 動悸
含有方剤 加味温胆湯 , 加味四物湯 , 杏蘇散 , 小青竜湯 , 小青竜湯加杏仁石膏 , 小青竜湯加石膏 , 清暑益気湯 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 清肺湯 , 人参養栄湯 , 扶脾生脈散 , 補肺湯 , 味麦地黄丸 , 射干麻黄湯 , 苓甘姜味辛夏仁湯 , 苓桂味甘湯
帰経 肺, 腎
神農本草経 上品
中医分類 固渋薬
薬能 収斂固渋,益気生津,補腎寧心.久嗽虚喘,梦遺滑精,遺尿尿頻,久瀉不止,自汗,盗汗,津傷口渇,短気脉虚,内熱消渇,心悸失眠に応用する.
薬徴 咳して,冒する者を主治する也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
中国では Schisandra sphenanthera Rehd. et Wils. の果実を「南五味子」と称し,S. chinensis の果実「北五味子」と同様に用いる.『中華人民共和国薬典』の五味子にはこの2種が規定される.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Schisandra chinensis Baillon (IPNI:60456331-2)
rpl16
 AM421608
 AY326480
psbB-psbT-psbN-psbH
  AY007470
psbE-psbF-psbL-psbJ
  AY007485
psbD-psbC
  AF239791
rpl2
  AY007498
petB-petD
  AY590866
trnK-psbA
  DQ185526
atpB
  AF093400
 AF239790
rps12-rps7-ndhB
  AF238075