メニュー  → 漢方方剤  → 
女神散
女神散
(にょしんさん)
構成生薬 当帰 , 川芎 , 白朮 , (蒼朮) , 香附子 , 桂皮 , 黄芩 , 人参 , 檳榔子 , 黄連 , 木香 , 丁子 , 甘草 , 大黄
適応病態 少陽病期の虚実間~実証で,のぼせと眩暈,頭痛,頭重感,動悸,腰痛,不眠,不安などの精神神経症状を訴える場合に用いる。症状は概して慢性で訴えは多彩である。産前・産後や流産後の月経異常のある婦人に適用されるが,男性にもしばしば適用される
適応疾患 産前・産後の身体表現性障害,月経不順,更年期症候群
原典 勿誤薬室方函
条文 「血証上衝眩暈を治す。及び産前産後,通治の剤なり。此の方は元,安栄湯と名づけて軍中七気を治する方なり。余家,婦人血症に用いて特験あるを以て今の名とす。世に称する実母散,婦王湯,清心湯,昔一類の薬なり」
備考 別名: 安栄湯
一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp