メニュー  → 生薬学術情報  → 
香附子
香附子
(こうぶし)
香附子 入手時名称:香附子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:115
Cyperus rotundus 植物名:Cyperus rotundus
撮影場所:日本, 京都府
撮影日時:1988
撮影者:御影雅幸

生薬別名 Musta
生薬ラテン名 Cyperi Rhizoma
生薬英名 Cyperus Rhizome
科名 カヤツリグサ科 Cyperaceae
基原 ハマスゲ Cyperus rotundus Linné (IPNI:305797-1)
薬用部位 根茎
選品 大きくて充実し,香味の強いものが良品で,内部が黒味を帯びたものは良くない(TN).
主要成分 脂質 Lipids:
Linoleic acid, Linolenic acid, Oleic acid, Myristic acid, Stearic acid の Glycerides

単糖類 Monosaccharides:
ブドウ糖, 果糖

テルペノイド (精油) Terpenoids (Essential oils):
Cyperene, Cyperol, Isocyperol, Cyperotundone, Sugeonol, Sugetriol, Cyperolone, Kobusone, Isokobusone, Patchchoulenyl acetate, Sugeonyl acetate, α-Cyperone, β-Cyperone, l-α-Pinene, Copadiene

トリテルペノイド Triterpenoids:
Oleanoic acid, 3-O-(2-Rhamnoglucosyl)-oleanoic acid
薬理作用 子宮収縮抑制,鎮痛(エキス).抗菌.
臨床応用 通経,浄血,鎮痛薬として,月経不調,月経痛,婦人科疾患からくる精神不安,諸種の胃痛,腹痛,食欲不振などに応用する.
頻用疾患 胸脇が張って痛む, 腹満, 憂欝, 胸が苦しい, 嘔吐, 消化不良, 下腹痛, 月経痛, 月経不順
含有方剤 烏苓通気散 , 枳縮二陳湯 , 芎帰調血飲 , 芎帰調血飲第一加減 , 香砂平胃散 , 香砂養胃湯 , 香砂六君子湯 , 香蘇散 , 五積散 , 柴胡疎肝湯 , 柴蘇飲 , 椒梅湯 , 滋陰至宝湯 , 滋腎通耳湯 , 川芎茶調散 , 竹茹温胆湯 , 二朮湯 , 女神散 , 分消湯
帰経 肝, 三焦
辛, 微苦
神農本草経  
中医分類 理気薬 (温裏薬)
薬能 行気解郁,調経止痛.肝郁気滞,胸脇,腹(胃)脹痛,消化不良,胸胃痞悶,寒疝腹痛,乳房脹痛,月経不調,経閉痛経に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
インド医学でも古来から用いられ,「musta」 ムスタと称す.仏典の『金光明経』にも「musuita」の名で収載されている.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Cyperus rotundus Linné (IPNI:305797-1)