メニュー  → 漢方方剤  → 
大青竜湯
大青竜湯
(だいせいりゅうとう)
構成生薬 麻黄 , 杏仁 , 甘草 , 桂皮 , 石膏 , 大棗 , 生姜
適応病態 太陽病期の実証で,脈が充実し,口渇や精神不穏,筋肉痛を呈するものに用いられる
適応疾患 感冒,インフルエンザ,麻疹,湿疹
原典 傷寒論
条文 「太陽の中風,脈浮緊,発熱悪寒,身疼痛,汗出でずして煩燥する者は,大青竜湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「病溢飲の者は,当に其の汗を発すべし,大青龍湯之を主る(金匱要略痰飲病篇)」
備考