メニュー  → 漢方方剤  → 
四逆散
四逆散
(しぎゃくさん)
構成生薬 柴胡・芍薬・枳実・甘草
適応病態 少陽病期の虚実中間~やや実証で,四肢に冷え症状を伴い,胸脇苦満,両側腹直筋緊張があり,イライラ感や不眠,抑うつ傾向などの精神神経症状を訴える場合に用いられる
適応疾患 胆のう炎, 胃炎, 胃潰瘍, 気管支炎, 神経質, 多発胆石症, カタル性鼻炎, 不安ヒステリー
原典 傷寒論
条文 「少陰病四逆し,其の人或は欬し,或は悸し,或は小便利せず,或は腹中痛み,或は泄利下重する者,四逆散之を主る」
備考