メニュー  → 漢方方剤  → 
柴陥湯
柴陥湯
(さいかんとう)
構成生薬 柴胡 , 半夏 , 黄芩 , 大棗 , 人参 , 甘草 , 生姜 , (ヒネショウガ) , 栝楼仁 , 黄連
適応病態 少陽病期の実証で,小柴胡湯証である胸脇の熱証と小陷胸湯の上焦の熱証・燥証が存在し,口苦・心下痞鞕・喀痰・咳嗽・胸痛などがみられる際に用いられる
適応疾患 急性気管支炎,慢性気管支炎,肺炎,気管支喘息,気管支拡張症
原典 医学入門
条文 「誤下の後,邪気虚に乗じて心下に聚まり,其の邪の心下に聚まるにつけて,胸中の邪がいよいよ心下の水と併結する者を治す(勿誤薬室方函口訣)」
備考 小柴胡湯と小陥胸湯を合方したものである。
一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp