メニュー  → 漢方方剤  → 
桔梗湯
桔梗湯
(ききょうとう)
構成生薬 桔梗・甘草
適応病態 太陽~少陽病期の虚実間証で,咽喉腫脹・疼痛を目標に用いられる
適応疾患 扁桃炎, 扁桃周囲炎, 咽喉痛
原典 傷寒論
条文 「少陰病に二三日,咽痛む者は甘草湯を与うべし。差えずば桔梗湯を与う。」
「欬して胸満し,振寒して脉数。咽乾けど渇せず。時に濁睡腥臭を出し,久々として膿を吐し,米粥の如くある者は肺廱たり。桔梗湯之を主る。」
備考 無熱(あるいは軽度),咽喉腫脹・疼痛,膿様痰に用いられる