メニュー  → 生薬学術情報  → 
桔梗
桔梗
(ききょう)
桔梗 入手時名称:桔梗
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4340
Platycodon grandiflorum 植物名:Platycodon grandiflorum
撮影場所:中国, 甘粛省
撮影日時:2001
撮影者:小松かつ子

生薬別名 晒桔梗
生薬ラテン名 Platycodi Radix
生薬英名 Platycodon Root
科名 キキョウ科 Campanulaceae
基原 キキョウ Platycodon grandiflorus A.De Candolle (IPNI:144523-1)
薬用部位 根を乾燥したもの
選品 分岐が少なくて,内部白色のものが良い (TN).
主要成分 多糖類 Polysaccharides:
Inulin, Platycodinin

トリテルペノイド Triterpenoids:
Polygalacic acid, Platycodigenin, Platycogenic acid A, Platycogenic acid B, Platycogenic acid C, Platycodogenin

トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins:
Platycodin A, Platycodin C, Platycodin D, Platycodin D2, Polygalacin D, Polygalacin D2

ステロール Sterols:
α-Spinasterol, ⊿7-Stigmasterol, α-Spinasteryl-β-Dglucoside, Betulin
薬理作用 気管分泌促進,唾液分泌促進.鎮静,鎮痛,去痰,抗炎症,抗アレルギー作用.胃液分泌抑制,抗潰瘍,末梢血管拡張作用.
臨床応用 去痰,鎮咳薬として,咳嗽,気管支炎などに用い,また排膿薬として化膿性疾患,扁桃腺炎,咽喉痛などに応用する.
頻用疾患 咳嗽, 喀痰できない, 気管支炎, 肺炎, 咽喉の腫脹疼痛, 感冒, 鼻閉, 鼻汁, 嗄声, 扁桃炎, 肺化膿症, 皮膚化膿症
含有方剤 烏薬順気散 , 延年半夏湯 , 黄耆別甲湯 , 加減涼膈散(浅田) , 加減涼膈散(龔廷賢) , 藿香正気散 , 栝楼枳実湯 , 桔梗石膏 , 桔梗湯 , 響声破笛丸 , 杏蘇散 , 駆風解毒散 , 荊芥連翹湯 , 荊防敗毒散 , 鶏鳴散加茯苓 , 外台四物湯加味 , 五積散 , 柴梗半夏湯 , 柴胡枳桔湯 , 柴胡清肝湯 , 三物白散 , 小柴胡湯加桔梗石膏 , 滋腎明目湯 , 十味敗毒湯 , 十六味流気飲 , 参蘇飲 , 参苓白朮散 , 清上防風湯 , 清肺湯 , 洗肝明目湯 , 千金内托散 , 托裏消毒飲 , 竹茹温胆湯 , 排膿散 , 排膿散及湯 , 排膿湯 , 防風通聖散 , 涼膈散
帰経
苦, 辛
神農本草経 下品
中医分類 化痰止咳薬
薬能 宣肺,利咽,去痰,排膿.咳嗽痰多,胸悶不暢,咽痛,音唖,肺癰吐膿,瘡瘍膿成不潰に用いる.
薬徴 濁唾,腫膿を主治する也。傍ら咽喉の痛を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
皮付桔梗は生干品で,外面褐色,晒桔梗は水で晒した乾燥品.薺尼はキキョウ科 (Campanulaceae) の ソバナ Adenophora remotiflora (Sieb. et Zucc.) Miq. および A. tracheloides Maxim. の根で,清熱,去痰,解毒薬とする.古くから,桔梗,薺尼,沙参,人参などは,根の形態が似ており,混乱のあった漢薬である.薺尼は現在では全く市場性がない.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Platycodon grandiflorus A.De Candolle (IPNI:144523-1)
atpB
 EU437586
trnS-trnC
  AY865175