メニュー  → 漢方方剤  → 
甘草附子湯
甘草附子湯
(かんぞうぶしとう)
構成生薬 甘草 , 附子 , 白朮 , 桂皮
適応病態 少陰病期の虚証で,冷えがあり,不眠を来たすほどの疼痛がみられる際に用いられる
適応疾患 神経痛,関節リウマチ
原典 傷寒論, 金匱要略
条文 「風湿相搏ち,骨節煩疼,掣痛,屈伸することを得ず,之に近けば則ち痛み劇しく,汗出で短気,小便不利し,悪風衣を去ることを欲せず,或は身微腫する者,甘草附子湯之を主る(金匱要略痙湿喝病篇)」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp