メニュー  → 漢方方剤  → 
麻黄附子細辛湯
麻黄附子細辛湯
(まおうぶしさいしんとう)
構成生薬 附子 , 細辛 , 麻黄
適応病態 少陰病期の虚証で,悪寒を伴う発熱があり,全身倦怠感や無気力などを目標に用いられる
適応疾患 悪寒, 微熱, 頭痛, めまい, 疼痛, 感冒, 気管支炎, 全身倦怠感, 全身倦怠感, 低血圧症, 咳
原典 傷寒論
条文 「少陰病始めて之を得,反て発熱し,脉沈の者は麻黄附子細辛湯之を主る」
備考 虚弱者の外感病の初期に用いられる方剤である。必ずしも典型的な証を呈しないが,少陰病証(脉沈細),表証(発熱)をともにに具え,「陽虚の表寒」を治す方剤である