メニュー  → 生薬学術情報  → 
ウワウルシ
ウワウルシ
(うわうるし)
ウワウルシ 入手時名称:ウワウルシ
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:16251

生薬別名  
生薬ラテン名 Uvae Ursi Folium
生薬英名 Bearberry Leaf
科名 ツツジ科 Ericaceae
基原 クマコケモモ Arctostaphylos uva-ursi Sprengel
薬用部位
選品 帯緑黄色で破折の少ないものが良品(TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Iridoids:
Monotropein, Piceoside(p-hydroxy-acetophenone glucoside)

トリテルペノイド Triterpenoids:
Ursolic acid

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Quercetin;
Hyperoside

タンニン Tannins:
Gallic acid, Ellagic acid;
1,2,6-Trigalloylglucose, 1,3,6-Trigalloylglucose, 2,3,6-Trigalloylglucose, 1,2,3,6-Tetragalloylglucose, 1,2,3,4,6-Pentagalloylglucose

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
Arbutin(5-7%), Methylarbutin, Hydroquinone;
Galloylarbutin

その他の含窒素化合物 Other nitrogen containing compounds:
Allantoin
薬理作用 殺菌作用 (arbutin → hydroquinone)
臨床応用 尿路消毒,収斂,利尿薬として,腎盂炎,尿道炎,膀胱炎などに応用する.
頻用疾患 腎盂炎, 腎炎, 膀胱炎, 尿路系炎症
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.