メニュー  → 生薬学術情報  → 
地骨皮
地骨皮
(じこっぴ)
地骨皮 入手時名称:地骨皮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:13691
Lycium chinense 植物名:Lycium chinense
撮影場所:日本, 富山県
撮影日時:1994
撮影者:小松かつ子

生薬別名 南骨皮(杜骨皮),江北骨皮,古城骨皮,津骨皮
生薬ラテン名 Lycii Cortex
生薬英名 Chinese Wolfberry Root-bark
科名 ナス科 Solanaceae
基原 クコ Lycium chinense Miller 又は Lycium barbarum Linné
薬用部位 根皮
選品 太い根から調製した巻状の根皮が良品 (TN).
主要成分 アミノ酸 Amino acids:
Betaine
薬理作用 一過性血糖上昇.解熱.
臨床応用 解熱,強壮薬として,結核の潮熱,咳嗽,吐血,煩熱消渇,陰虚で多汗の症などに応用する.
頻用疾患 発熱, 盗汗, 咳嗽, 呼吸促迫, 痰に血が混ざる, 喀血, 吐血, 鼻血
含有方剤 清心蓮子飲 , 滋陰至宝湯 , 秦艽別甲湯 , 益元湯 , 黄耆別甲湯 , 加減瀉白散 , 瀉白散 , 定喘湯
帰経 肺・腎
甘・淡
神農本草経 上品
中医分類 清熱薬,
薬能 涼血除蒸,清肺降火.陰虚潮熱,骨蒸盗汗,肺熱咳嗽,喀血,衄血,内熱消渇に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Lycium chinensis Miller
atpB
 FJ914152
Lycium barbarum Linné
atpB
 AM233336