メニュー  → 生薬学術情報  → 
天門冬
天門冬
(てんもんどう)
天門冬 入手時名称:天門冬
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:183
Asparagus cochinchinensis 植物名:Asparagus cochinchinensis
撮影場所:中国, 江蘇省, 南京市
撮影日時:1986
撮影者:小松かつ子

生薬別名 天冬
生薬ラテン名 Asparagi Radix
生薬英名 Asparagus Root
科名 ユリ科 Liliaceae
基原 クサスギカズラ Asparagus cochinchinensis Merrill
薬用部位 塊状根
選品 肉太く,緻密で黄白色半透明のものが良品.貴州省産が品質がよい(川天冬)(TN).
主要成分 ステロール Sterols:
β-Sitosterol

ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
Smilageninをアグリコンとするステロイドサポニン

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
5-Methoxy-methylfurfural

アミノ酸 Amino acids:
Asparagine

その他 Other:
粘液質
薬理作用 抗菌作用(グラム陽性菌).
臨床応用 鎮咳,利尿,緩和,滋養,強壮薬として,虚した状態の人の咳嗽,咳血,空咳などに用い,また大便燥結などにも応用する.
頻用疾患 咳嗽, 乾咳, 無痰, 喀血, 呼吸困難, 慢性気管支炎, 結核, 痰に血が混ざる, 盗汗, 口渇, 便秘
含有方剤 滋陰降火湯 , 清肺湯 , 黄耆別甲湯 , 甘露飲
帰経 肺・腎
大寒
甘・苦
神農本草経 上品
中医分類 補養薬
薬能 養陰潤燥,清肺生津.肺燥干咳,頓咳痰粘,咽干口渇,腸燥便秘に用いる.
薬徴  
備考 第十六改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Asparagus cochinchinensis Merrill
petD-rpoA
 AB177735
petB
  AB177710