メニュー  → 生薬学術情報  → 
川骨
川骨
(せんこつ)
川骨 入手時名称:川骨
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:235

生薬別名  
生薬ラテン名 Nupharis Rhizoma
生薬英名 Nuphar Rhizome
科名 スイレン科 Nymphaeaceae
基原 コウホネ Nuphar japonicum De Candolle
薬用部位 根茎を縦割したもの
選品 太くて新しいものが良品 (TN).
主要成分 タンニン Tannins:
タンニン類

アルカロイド Alkaloids:
Nupharidine, Deoxynupharidine, Nupharamine, Nuphamine, Anhydronuphamine, Dehydrodeoxynupharidine
薬理作用 臓器平滑筋 (nupharidine: 少量で収縮; 大量で抑制). 鎮静(deoxynupharidine).
臨床応用 駆瘀血, 止血, 利尿, 強壮薬として, 産前・産後, 月経不順などの婦人科疾患, 打撲傷, 浮腫, 疲労, 胃腸病などに応用する.
頻用疾患 浮腫, 打撲外傷, 産後血暈, 月経不順, 発汗, 疲労倦怠感, ヒステリー
含有方剤 安産湯 , 治打撲一方
帰経
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献