メニュー  → 漢方方剤  → 
治打撲一方
治打撲一方
(ぢだぼくいっぽう)
構成生薬 川芎 , 樸樕 , (桜皮) , 川骨 , 桂皮 , 甘草 , 丁子 , 大黄
適応病態 少陽病期の実証で,打撲や捻挫などによる患部の腫脹・疼痛がみられる際に用いられる
適応疾患 打撲,捻挫,腱鞘炎
原典 一本堂医事説約
条文 「此の方は能く打撲,筋骨疼痛を治す。川骨,血分を和す。樸樕骨疼を去る。故に二味をもって主薬とす。日を経て癒えざる者附子を加ふるは,此の品能く温経するが故なり。(勿誤薬室方凾口訣)」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp