メニュー  → 生薬学術情報  → 
木通
木通
(もくつう)
生薬別名  
生薬ラテン名 Akebiae Caulis
生薬英名 Akebia Stem
科名 アケビ科 Lardizabalaceae
基原 アケビ Akebia quinata Decaisne 又は ミツバアケビ Akebia trifoliata Koidzumi
薬用部位 つる性の茎を,通例,横切したもの
選品 径2~3cm,腐朽した部分のないものが良品 (TN).
主要成分 トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins
A. quinata (材): Akebioside Stb, Akebioside Stc, Akebioside Std, Akebioside Ste, Akebioside Stf, Akebioside Sth, Akebioside Stj, Akebioside Stk;
A. quinata: Akebia saponin A, Akebia saponin B, Akebia saponin C, Akebia saponin D, Akebia saponin E, Akebia saponin F, Akebia saponin G

その他 Others:
K塩
薬理作用 利尿 (煎剤), 抗炎症 (サポニン), 胃液分泌抑制作用 (サポニン).
臨床応用 消炎性利尿,鎮痛薬として,小便不科,関節リウマチ,神経痛,月経不順などに応用する.
頻用疾患 焦燥,不眠,口内炎,排尿痛,排尿困難,尿路系炎症,尿量減少,脚気水腫,無月経,乳汁分泌不全,関節の腫脹・疼痛,運動麻痺
含有方剤 五淋散 , 消風散 , 通導散 , 当帰四逆湯 , 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 , 龍胆瀉肝湯[薛氏] , 龍胆瀉肝湯[一貫堂] , 香川解毒剤 , 加味八脉散 , 舒筋立安散 , 八味帯下方 , 分心気飲 , 変製心気飲 , 補中治湿湯 , 蔓荊子散 , 安産湯 , 活血解毒湯 , 夏檳湯 , 小解毒湯 , 辛夷散 , 肺疳方 , 八味疝気方 , 木通散 , 連翹湯[本朝経験]
帰経 心・肺・小腸・膀胱
神農本草経 中品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 利水通淋,瀉心火,通血脈,通乳.淋病,口舌生瘡,痺痛,産後乳少に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.