メニュー  → 生薬学術情報  → 
桑白皮
桑白皮
(そうはくひ)
桑白皮 入手時名称:桑白皮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2426
Morus alba 植物名:Morus alba
撮影場所:日本, 奈良県
撮影日時:1997
撮影者:小松かつ子

生薬別名 亳桑皮: 河南,安徽,麗桑皮: 浙江,北桑皮: 江蘇
生薬ラテン名 Mori Cortex
生薬英名 Mulberry Bark, White Mulberry Root-bark
科名 クワ科 Moraceae
基原 マグワ Morus alba Linné
薬用部位 根皮
選品 外面が黄赤色を呈し,薄皮のものが良品.また白く晒したものもある(TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Palmitic acid, Stearic acid

トリテルペノイド Triterpenoids:
α-Amyrin, α-Amyrin acetate, β-Amylin, Betulinic acid

ステロール Sterols:
Sitosterol, Sitosterol-d-glucoside

フラボノイド Flavonoids:
Morusin, Cyclomorusin, Kuwanon A, Kuwanon B, Kuwanon C, Kuwanon D, Kuwanon E, Kuwanon F, Kuwanon G (Moracenin B, Albanin F), Kuwanon H (Moracenin A, Albanin G), Moracenin類, Oxydihydromorusin (=morusinol), Kuwanon L, Morusin, Sanggenon D, Sanggenon C

クマリン類 Coumarins:
Umbelliferone, Scopoletin

アミノ酸 Amino acids:
Betaine

その他の含窒素化合物 Other nitrogen compounds:
Adenine
薬理作用 鎮痛,瀉下,抗炎症(水可溶分画).軽度の抗腫瘍(熱水抽出分画).血糖降下(煎液,エタノールエキス).
臨床応用 鎮咳,去痰,消炎性利尿薬として,気管支炎,咳嗽,尿量減少,浮腫などに用いる.
頻用疾患 気管支炎, 咳嗽, 呼吸困難, 呼吸促迫, 浮腫, 尿量減少
含有方剤 黄耆別甲湯 , 華蓋散 , 奔豚茯苓湯 , 蔓荊子散 , 養肺湯 , 加減瀉白散 , 桔梗湯[外台] , 橘皮半夏湯 , 杏蘇散 , 五虎湯 , 紫蘇子湯 , 瀉白散 , 清肺湯 , 喘四君子湯 , 増損木防已湯 , 定喘湯 , 導水茯苓湯 , 導滯通経湯 , 頓嗽湯 , 人参養栄湯 [聖済] , 貝母湯 , 破棺湯 , 分心気飲 , 変製心気飲 , 防已散 , 防已湯 , 奔豚湯 [広済] , 奔豚湯 [集験方] , 奔豚湯 [小品]
帰経
甘・辛
神農本草経 中品
中医分類 化痰止咳薬
薬能 瀉肺平喘,利水消腫。肺熱喘咳,水腫脹満尿少,面目肌膚浮腫に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Morus alba Linné
rbcL-accD
 AB194397
rps16
  EF687667
 EF687668
 EF687670
 EF687671
 EF687679
 EF687682
Morus mongolica
rps16
 EF687675