メニュー  → 生薬学術情報  → 
桜皮
桜皮
(おうひ)
桜皮 入手時名称:桜皮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:5653

生薬別名  
生薬ラテン名 Pruni Cortex
生薬英名 Cherry Bark
科名 バラ科 Rosaceae
基原 Prunus jamasakura Siebold
薬用部位 樹皮
選品 未詳
主要成分 フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Glucogenkwanin

フラバノンとジヒドロフラボノール Flavanones & Dihydroflavonols:
Sakuraninin
薬理作用 鎮咳,去痰作用(エキス). 解毒作用は未詳.
臨床応用 解毒薬として,食中毒,急性胃カタル(食傷),痢疾,湿疹,蕁麻疹に応用する.その他鎮咳,去痰薬とする.
頻用疾患 食物中毒,胃カタル,痢疾,湿疹,蕁麻疹,咳嗽
含有方剤 十味敗毒湯
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類 解表薬
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献