メニュー  → 生薬学術情報  → 
烏薬
烏薬
(うやく)
烏薬 L. strychnifolia F. Vill. 入手時名称:烏薬 L. strychnifolia F. Vill.
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:505

生薬別名 天台烏薬
生薬ラテン名 Linderae Radix
生薬英名 Lindera Root
科名 クスノキ科 Lauraceae
基原 テンダイウヤク Lindera strychnifolia Fernandez-Villar
薬用部位 根(肥大根)
選品 両端が尖って,中部が膨隆し,外部が赤褐色,内部が白色のものをくくり様又は芋様と言い,上等とされる(NI).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Linderic acid

テルペノイド(精油) Terpenoids (Essential oils):
Linderene, Isolinderene, Linderane, Lindenenone, Chamazulene, Linderazulene, Lindestrene, Isogermafurene, l-Borneol

アルカロイド Alkaloids:
Laurolitsine
薬理作用 腸管蠕動運動促進.
臨床応用 芳香性健胃,鎮痛,鎮痙,強精薬として,胸脇脹痛,腹部冷痛,消化不良,膀胱が冷えて小便頻数などの症に応用する.
頻用疾患 腹が冷えて痛む, ヘルニア, 呼吸困難, 呼吸促迫, 腹満, 月経痛, 頻尿, 夜尿症
含有方剤 鳥薬順気散 , 芎帰調血飲 , 芎帰調血飲第一加減
帰経 脾・肺・腎・膀胱
神農本草経  
中医分類 理気薬
薬能 順気止痛,温腎散寒.胸腹脹痛,気逆喘急,膀胱虚冷,遺尿尿頻,疝気,痛経に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
テンダイウヤクは中国原産で, 秦代に徐福が日本の南紀にもたらしたとの伝説があり, 日本の暖地に野性化している.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.