メニュー  → 生薬学術情報  → 
牛蒡子
牛蒡子
(ごぼうし)
牛傍子 入手時名称:牛傍子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:10435
Arctium lappa 植物名:Arctium lappa
撮影場所:中国, 雲南省
撮影日時:1999
撮影者:小松かつ子

生薬別名 大力,大力子,関力子,杜大力
生薬ラテン名 Arctii Fructus
生薬英名 Great Burdock Achene
科名 キク科 Compositae
基原 ゴボウ Arctium lappa Linné
薬用部位 成熟した果実
選品 粒が大きくて水に沈むものが良品(TN).
主要成分 脂質 Lipids:
脂肪油 25%~30%

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
Arctiin
薬理作用 子宮収縮(エキス).強直性痙攣誘発,心臓運動抑制,血管拡張.一過性血圧降下(arctiin).
臨床応用 解熱,解毒,去痰,消炎薬として,感冒,咳嗽,咽喉痛,痰吐不利,麻疹,癰腫,瘡毒などに応用する.
頻用疾患 感冒, 悪寒, 咽喉痛, 咽喉の腫脹疼痛, 咽喉炎, 上気道炎, 咳嗽, 喀痰, 多痰, 麻疹, 蕁麻疹, 皮膚化膿症, 流行性耳下腺炎
含有方剤 駆風解毒散 , 柴胡清肝散 , 消風散 , 清咽利膈湯
帰経 肺・胃
辛・苦
神農本草経  
中医分類 辛凉解表薬
薬能 疏散風熱,宣肺透疹,解毒利咽.風熱感冒,咳嗽痰多,麻疹,風疹,咽喉腫痛,流行性耳下腺炎,丹毒,癰腫瘡毒に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Arctium lappa Linné
ETS
 AB254774
rps4-trnT-trnL
 EU661123