メニュー  → 生薬学術情報  → 
甘茶
甘茶
(あまちゃ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Hydrangeae Dulcis Folium
生薬英名 Sweet Hydrangea Leaf
科名 ユキノシタ科 Saxifragaceae
基原 アマチャ Hydrangea macrophylla Seringe var. thunbergii Makino
薬用部位 葉及び枝先
選品 暗緑色~暗黄緑色で,葉以外の夾雑物の混入が認められないものが良品 (TN).
主要成分 フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
Chlorogenic acid

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Kaempherol, Quercetin, Rutin

クマリン類 Coumarins:
Umbelliferone

イソクマリン類 Isocoumarins:
d-Phyllodulcin, Hydrangenol

フェノール系化合物 Phenol derivatives:
Hydrangea-glucoside A, Hydrangea-glucoside B, Hydrangea-glucoside C, p-Hydroxybenzoic acid, Gallic acid
薬理作用 未詳
臨床応用 甘味, 矯味料として, 家庭薬や口内清涼剤の製造原料にされる.
頻用疾患 未詳
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能  
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.