メニュー  → 生薬学術情報  → 
竹節人参
竹節人参
(ちくせつにんじん)
竹節人参 入手時名称:竹節人参
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:102
Panax japonicus 植物名:Panax japonicus
撮影場所:日本, 富山県
撮影日時:2009
撮影者:小松かつ子

生薬別名 竹参,竹節参
生薬ラテン名 Panacis Japonici Rhizoma
生薬英名 Panax Japonicus Rhizome, Panax Rhizome
科名 ウコギ科 Araliaceae
基原 トチバニンジン Panax japonicus C. A. Meyer
薬用部位 湯通しした根茎
選品 よく肥大したものが良品(TN).
主要成分 トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins:
サポニン配糖体約5%: Chikusetsusaponin I, Chikusetsusaponin Ia, Chikusetsusaponin Ib, Chikusetsusaponin III, Chikusetsusaponin IV, Chikusetsusaponin IV a, Chikusetsusaponin V
薬理作用 鎮静,鎮痙,解熱,鎮咳,去痰,腸管自動運動増強,ストレス性潰瘍抑制(chikusetsusaponinⅡ).コリン様作用,ヒスタミン遊離,消化性潰瘍抑制(非サポニン分画,chikusetsusaponin Ⅴ).
臨床応用 健胃,解熱,去痰薬として用いる.人参に比べて新陳代謝機能の賦活作用は劣るが,健胃,解熱,去痰作用は勝るといわれる.
頻用疾患 消化不良, 食欲不振, 慢性胃炎, 感冒, 急性気管支炎, 慢性気管支炎, 咳嗽, 喀痰
含有方剤 参連湯
帰経 肝・脾
甘・微苦
神農本草経  
中医分類 活血去瘀薬,止血薬
薬能 滋補強壮,散瘀止痛,止血虚痰.病後虚弱,労嗽喀血,咳嗽痰多,打撲損傷に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Panax japonicus C. A. Meyer
trnC-petN-psbM-trnD
 AY275927
 AY275928
nad1
 EU551721