メニュー  → 生薬学術情報  → 
茵陳蒿
茵陳蒿
(いんちんこう)
茵陳蒿 入手時名称:茵陳蒿
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:11429
Artemisia capillaris 植物名:Artemisia capillaris
撮影場所:富山, 日本
撮影日時:1993
撮影者:山路誠一

生薬別名  
生薬ラテン名 Artemisiae Capillaris Flos
生薬英名 Artemisia Capillaris Flower
科名 キク科 Compositae
基原 カワラヨモギ Artemisia capillaris Thunberg
薬用部位 花蕾(中国では幼苗を乾燥したもの)
選品 綿茵蒿は葉の細い綿糸のようなものが良品.日本産は頭花ばかりで特有の香気と苦味の強いものほど良品 (TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
[A. capillaris]: β-Pinen

クロモン類 Chromones:
[A. capillaris]: Capillarisin

クマリン類 Coumarins:
[A. capillaris]: Scoparone (= Esculetin-6,7-dimethylether), Scopoletin (幼苗)

イソクマリン類 Isocoumarins:
[A. capillaris]: Capillarin

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
[A. capillaris]: Capillone, Norcapillene, Capilline, Capillene (すべて花穂)
薬理作用 胆汁分泌亢進(煎液,エタノールエキス,esculetin,capillin,capillarisin).
臨床応用 消炎,利胆,解熱,利尿薬として,黄疸,肝炎,胆嚢炎などに応用する.
頻用疾患 黄疸, 尿量減少, 腹満, 発熱, いらいら, 胸痛, 脇痛, 口が苦い, 泥状水様便, 浮腫, 冷え, 元気が無い, 蕁麻疹, そう痒
含有方剤 茵陳蒿湯 , 茵陳五苓散 , 茵陳散 , 茵陳四逆湯 , 甘露飲 , 治黄胖方 , 当帰拈痛湯 , 当帰白朮散 , 当帰白朮湯 , 麻黄五味湯 , 回春茵陳散
帰経 脾・胃・肝・胆
平・微寒
神農本草経 上品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 清湿熱,退黄疸.黄疸尿少,湿瘡掻痒,伝染性黄疸型肝炎に用いる.
薬徴 発黄を主治する也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Artemisia capillaris Thunberg