メニュー  → 生薬学術情報  → 
荊芥
荊芥
(けいがい)
荊芥 入手時名称:荊芥
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2261
Schizonepeta tenuifolia 植物名:Schizonepeta tenuifolia
撮影場所:日本, 岐阜県
撮影日時:1988
撮影者:御影雅幸

生薬別名 荊芥穂
生薬ラテン名 Schizonepetae Spica
生薬英名 Schizonepeta Spike
科名 シソ科 Labiatae
基原 ケイガイ Schizonepeta tenuifolia Briquet
薬用部位 花穂を付けた茎枝あるいは花穂
選品 芳香の強い新鮮なものが良品 (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
3-Octanone, 3-Octanol, 1-Octen-3-ol

モノテルペノイド Monoterpenoids:
精油約1.8%: d-Menthone, l-Menthone, d-Limonene, l-Pulegone, l-Isomenthone, Isopulegone, α-Pinene, β-Pinene, Camphene, Piperitone, Piperitenone, Schizo-nepetoside A, Schizo-nepetoside B, Schizonepetoside C, Schizo-nepetoside D, Schizo-nepetoside E

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
Caryophyllene, β-Elemene, β-Humulene

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Diosmetin, Hesperetin, Luteolin
薬理作用 弱い解熱,鎮痒.抗菌(結核菌).
臨床応用 発汗,解熱,去風,鎮痙,止血薬として,感冒の発熱,頭痛,咽喉痛,瘡傷,皮膚疾患,産後不良,吐血,衄血,便血,崩漏などに応用する.
頻用疾患 感冒, 悪寒, 発熱, 頭痛, 咽喉痛, 麻疹, 風疹, そう痒, 皮膚化膿症, 吐血, 鼻出血, 血便
含有方剤 駆風解毒散 , 荊芥連翹湯 [回春] , 十味敗毒湯 , 消風散 , 清上防風湯 , 川芎茶調散 , 治頭瘡一方 , 当帰飲子 , 防風通聖散 , 荊芥連翹湯 [一貫堂] , 洗肝明目湯 , 活血解毒湯 , 玉穂湯 , 駆風解毒散 , 瀉胃湯 , 清咽利膈湯
帰経 肺・肝
微温
神農本草経 中品
中医分類 解表薬 (辛温解表薬)
薬能 解表散風,透疹.感冒,頭痛,麻疹,風疹,瘡瘍初期に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN:『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Schizonepeta tenuifolia Briquet
rpoB
 EU590867
accD
  EU590899
ycf5
  FJ513181