メニュー  → 生薬学術情報  → 
蕃椒
蕃椒
(ばんしょう)
トウガラシ 入手時名称:トウガラシ
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:10406

生薬別名 辣椒
生薬ラテン名 Capsicum annuum
生薬英名 Capsicum Fructus
科名 ナス科 Solanaceae
基原 トウガラシ Capsicum annuum Linné
薬用部位 果実
選品 外面の光沢が強く, 暗赤色~黄赤色を呈するものが良品 (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Capsianside A

単糖類 Monosaccharides:
Vitamin C

カロテノイド Carotenoids:
β-Carotene, Capsanthin, Lutein, Kryptocapsin

ビタミンA誘導体 (レチノイド) Vitamin A derivatives (Retinoids):
Vitamin A

アミノ酸 Amino acids:
Betaine

プリン誘導体 Purine derivatives:
Adenine

プテリジン誘導体 Pteridine derivatives:
Vitamin B2

カプサイシン類 Capsaicins:
Capsaicin, Dihydrocapsaicin, Capsiamide

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
Choline, Vitamin B1
薬理作用 唾液, 胃酸分泌 (少量, 促進; 多量, 抑制). 皮膚血管拡張. 消化管運動亢進 (capsaicin).
臨床応用 皮膚刺激薬として神経痛, 筋肉痛などに外用する. またトウガラシチンキ(健胃薬)やトウガラシ・サリチル酸精(育毛, 養毛剤)の原料とする. 香辛料.
頻用疾患 神経痛, 筋肉痛
含有方剤
帰経 心・脾
熱, 有大毒
神農本草経  
中医分類 外用薬
薬能 温中散寒, 開胃消食。寒が滞った腹痛、嘔吐、下痢、凍傷に応用する。
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.