メニュー  → 生薬学術情報  → 
赤石脂
赤石脂
(しゃくせきし)
赤石脂 入手時名称:赤石脂
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:8923

生薬別名  
生薬ラテン名 Halloysitum Rubrum
生薬英名 Red Halloysite
科名  
基原 紅色の鉱石(多水高土)
薬用部位  
選品 砕け易く,爪で磨いた所は光沢を放ち,土臭い味がなく,内部まで淡紅色の物が良い(NI).
主要成分 その他 Other:
Al2O3・2SiO2・4H2O(Kaolinite)が主. Fe2O3, Cr2O3, MgO, FeOなどの夾雑物を含む.
薬理作用 止瀉, 止血.
臨床応用 胃腸病に内服.慢性下痢,血便,月経過多,帯下のひどいものに用いる.収斂作用があり,おでき,湿疹に外用する.
頻用疾患 慢性下痢, 血便, 月経過多, 不正性器出血, 精液漏れ, 尿失禁, 帯下, 創口が閉鎖しない, 湿疹
含有方剤 桃花湯 , 赤石脂丸 , 赤石脂兎餘糧湯 , 鳥頭赤石脂丸 , 風引湯 , 鉛丹散
帰経 胃・大腸
温・渋
甘・淡
神農本草経 上品
中医分類 固渋薬 (収渋薬)
薬能 渋腸,止血,生肌斂瘡.久瀉久痢,大便出血,崩漏帯下に応用し,瘡瘍不斂,湿疹膿水浸淫に外用する.
薬徴 水毒,下利を主治するなり。故に兼ねて便膿血を治す。
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.