メニュー  → 生薬学術情報  → 
酸棗仁
酸棗仁
(さんそうにん)
酸棗仁 入手時名称:酸棗仁
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:5298
Zizyphus jujuba 植物名:Zizyphus jujuba
撮影場所:中国, 内モンゴル自治区
撮影日時:1994
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Ziziphi Semen
生薬英名 Jujube Seed
科名 クロウメモドキ科 Rhamnaceae
基原 サネブトナツメ Zizyphus jujuba Miller var. spinosa Hu ex H. F. Chou
薬用部位 成熟種子
選品 扁円形をなし,赤色の仁であって,大粒のものが良いとされる(NI).
主要成分 脂肪酸関連化合物 Fatty acids related compounds:
脂肪油

トリテルペノイド Triterpenoids:
Betulinic acid, Betulin, Ebelinlactone

ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
Jujuboside A, Jujuboside B

ペプチド Peptide:
蛋白質
薬理作用 鎮静,鎮痛,血圧上昇(脂肪油画分,水可溶性画分).鎮静(メタノール可溶・水可溶画分).
臨床応用 神経強壮,鎮静,催眠薬として,心因性不眠症,神経症,健忘症,口渇,虚弱体質者の多汗症などに応用する.
頻用疾患 焦躁, 熱感, 不眠, 動悸, 健忘, 多夢, 疲れやすい, 元気が無い, 多汗, 自汗, 盗汗
含有方剤 加味温胆湯 , 加味帰脾湯 , 帰脾湯 , 酸棗仁湯 , 正心湯 , 茯苓補心湯
帰経 心・脾・肝・胆
甘・酸
神農本草経 上品
中医分類 安神薬
薬能 補肝,寧心,斂汗,生津.虚煩不眠,驚悸多夢,体虚多汗,津傷口渇に用いる.
薬徴 胸膈煩躁し,眠ること能わざるを主治する也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Zizyphus jujuba Miller var. spinosa (Bunge) Hu ex H. F. Chou
ycf5
 GQ435764