メニュー  → 生薬学術情報  → 
防已
防已
(ぼうい)
防已 入手時名称:防已
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2982A1
Sinomenium acutum 植物名:Sinomenium acutum
撮影場所:日本, 岐阜県
撮影日時:1995
撮影者:小松かつ子

生薬別名 漢防已,青風藤,青藤
生薬ラテン名 Sinomeni Caulis et Rhizoma
生薬英名 Sinomenium Stem and Rhizome
科名 ツヅラフジ科 Menispermaceae
基原 オオツヅラフジ Sinomenium acutum Rehder et Wilson
薬用部位 蔓性の茎及び根茎
選品 横断面が褐色で菊花状紋があり,木通に似たものが真物である(TN).
主要成分 ステロール Sterols:
[S. acutum]: β-Sitosterol, Stigmasterol

イソキノリンアルカロイド Isoquinoline alkaloids:
[S. acutum]: Sinomenine, Disinomenine, Isosinomenine, Sinactine, Tuduranine, Acutumine, Acutumidine, Sinoacutine, Magnoflorine
[C. trilobus]: Trilobine, Isotrilobine, Homotrilobine, Trilobamine, Normenisarine, Cocculolidine, Magnoflorine
薬理作用 抗炎症,抗アレルギー作用(熱水エキス),抗炎症,鎮痛,血圧降下作用(sinomenine).
臨床応用 利尿,鎮痛薬として,神経痛,リウマチ,関節炎,水腫などに応用する.
頻用疾患 リウマチ, 関節炎, 関節痛, 麻痺, 口渇, 浮腫, 肺水腫, 腹水, 小便不利, そう痒
含有方剤 黄連消毒飲 , 小続命湯 , 舒筋立安散 , 清湿湯 , 増損木防已湯 , 疎経活血湯 , 肺疳方 , 防已散 , 防已湯 , 防已黄耆湯 , 防已地黄湯 , 防已茯苓湯 , 木防已湯 , 木防已去石膏加茯苓芒硝湯 , 六物附子湯
帰経 膀胱・肺
苦・辛
神農本草経 中品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 去風湿,通経絡,利小便.風湿痺痛,関節腫脹,麻痺そう痒に用いる.
薬徴 水を治することを主る也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Sinomenium acutum Rehder et Wilson
atpB
 FJ026446