メニュー  → 漢方方剤  → 
麻杏薏甘湯
麻杏薏甘湯
(まきょうよくかんとう)
構成生薬 麻黄・杏仁・薏苡仁・甘草
適応病態 少陽病期の実~虚実間証で,関節の腫脹・疼痛,或は筋肉痛に対して用いられる。一般に腫脹・疼痛は軽度で,発汗傾向・浮腫を伴い,夕方に憎悪することを目標とする
適応疾患 関節痛, 神経痛, 筋肉痛, いぼ, 慢性関節リウマチ
原典 金匱要略
条文 「病者,一身盡く疼み,発熱日所劇なる者は,風濕と名く,此病汗出で風に當るに傷れ,或は久しく冷を取るの致す所なり」
備考