メニュー  → 生薬学術情報  → 
丁子
丁子
(ちょうじ)
丁子
入手時名称:丁子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:8025
Syzygium aromaticum
植物名:Syzygium aromaticum
撮影場所:日本, 富山県
撮影日時:1988
撮影者:藤野廣春

生薬別名 丁香, dingxiang
生薬ラテン名 Caryophylli Flos
生薬英名 Clove
科名 フトモモ科 Myrtaceae
基原 チョウジ Syzygium aromaticum Merrill et L.M.Perry (IPNI:601421-1)
薬用部位 つぼみ
選品 赤かっ色を呈し、よく肥大したものが良く、また水に投じて沈下するものが良品 (文献Q1)。
主要成分 脂質 lipids
- 脂肪油

セスキテルペノイド sesquiterpenoids
- Carophylla-3,8(13)-dien-5α-ol
- Carophylla-4(12),8(13)-dien-5β-ol
- Humulene
- α-Caryophyllene
- β-Caryophyllene

トリテルペノイド triterpenoids
- Methyl-2α-hydroxyoleanoate
- Oleanolic acid

ステロール sterols
- Campesterolyglucoside
- Stigmasterol
- β-Sitosterol

フェニルプロパノイド phenylpropanoids
- Acetyleugenol
- Chavicol
- Eugenol
- Eugenol salicylate

クロモン類 chromones
- Eugenin
- Eugenitin
- Eugenoside I
- Eugenoside II
- Isoeugenitin
- Isoeugenitol

フラボンとフラボノール flavones & flavonols
- Kaempferol
- Rhamnetin

タンニン tannins
- Eugeniin
- 1-Desgalloyleugeniin
- 2-Desgalloyleugeniin

その他の芳香族化合物 other aromatic compounds
- Furfural

フェノール系化合物 phenol derivatives
- Vanillin

イソキノリンアルカロイド isoquinoline alkaloids
- Higenamine
薬理作用 鎮静.一過性血圧降下.子宮収縮.局所麻酔.抗菌(丁子油,eugenol:Brucella菌,鳥型結核菌,白癬菌,黄癬菌,鼠径表皮菌).
臨床応用 芳香性健胃薬として,胃の虚弱,嘔吐,腹痛などに応用する.殺菌,防腐薬,香料(うがい薬,歯磨き)とする.家庭薬原料,丁子油製造原料としても重要である.
頻用疾患 しゃっくり, 嘔吐, 食欲不振, 悪心, 下痢, 上腹痛, 下腹痛, ヘルニア, 帯下
含有方剤 柿蒂湯 , 丁香柿蒂湯 , 治打撲一方 , 女神散
帰経 肺, 胃, 脾, 腎
神農本草経  
中医分類 温裏祛寒薬
薬能 温中降逆,補腎助陽.脾胃虚寒,しゃっくり,嘔吐,食少吐瀉,心腹冷痛,腎虚陽痿に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
外部リンク: 民族薬物DB, KNApSAcK, metabolomics.jp
参考文献 選品
Q1) 難波 恒雄, 津田 喜典 編: 生薬学概論 (改訂第3版), 南江堂, 東京, 1998.

主要成分
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp. 101-104.
C2) 生薬学概論, pp. 263-264.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Syzygium aromaticum Merrill et L.M.Perry (IPNI:601421-1)
rpl16
 DQ088419