メニュー  → 生薬学術情報  → 
杜仲
杜仲
(とちゅう)
杜仲 入手時名称:杜仲
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:10848

生薬別名  
生薬ラテン名 Eucommiae Cortex
生薬英名 Eucommia Bark
科名 トチュウ科 Eucommiaceae
基原 トチュウ Eucommia ulmoides Oliver
薬用部位 樹皮
選品 樹皮が厚く,潤いがあり,横に折って引き伸ばす時に銀白色の綿状糸を多く出すものが良品(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Eucommiol;
1-Deoxyeucommiol (葉)

モノテルペノイド Monoterpenoids:
iridoids: Aucubin, Harpagide acetate, Ulmoside (=Aucubigenin-1-β-isomaltose), Geniposide, Geniposidic acid

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
d-Pinoresinol di-O-β-D-glucopyranoside, Liriodendrin, d-Pinoresinol O-β-D-glucopyranoside, d-Medioresinol di-O-β-D-glucopyranoside
薬理作用 副交感神経興奮様作用(水エキス).
臨床応用 強壮,強精,鎮痛,降圧薬として,腎虚,腰膝の疼痛,妊婦の腰重,足膝軟弱,胎動流産,高血圧症などに応用する.
頻用疾患 腰や膝がだるく無力,腰痛,インポテンツ,頻尿,不正性器出血,習慣性流産,胎動不安,高血圧症
含有方剤 痿証方 , 加減八物湯 , 加味四物湯 , 芎帰補中湯 , 大百中飲 , 大防風湯 , 補陰湯
帰経 肝・腎
甘・微辛
神農本草経 上品
中医分類 補養薬
薬能 補肝腎,強筋骨,安胎.腎虚腰痛,筋骨無力,妊娠漏血,胎動不安,高血圧症に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.