メニュー  → 生薬学術情報  → 
桃仁
桃仁
(とうにん)
桃仁 入手時名称:桃仁
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:10931
Prunus persica 植物名:Prunus persica
撮影場所:日本, 東京都
撮影日時:1984
撮影者:御影雅幸

生薬別名 小桃仁,大扁桃仁,大桃仁
生薬ラテン名 Persicae Semen
生薬英名 Peach Kernel
科名 バラ科 Rosaceae
基原 モモ Prunus persica Batsch 又は Prunus persica Batsch var. davidiana Maximowicz
薬用部位 成熟種子の仁を乾燥したもの
選品 よく肥大し,外皮が褐色,内部が白色を呈するものが良い.一般に外皮を除いたものを良品とする (TN).
主要成分 脂質 Lipids:
Oleic acid, Palmitic acid, Stearic acid のグリセライド

トリテルペノイド Triterpenoids:
24-Methylenecycloartanol, Δ7-Avenasterol, Citrostadienol

ペプチド Peptide:
Emulsin

青酸化合物 Cyanogenic compounds:
Amygdalin, Prunasin
薬理作用 皮膚温上昇,抗アレルギー(水エキス,アルコールエキス)
臨床応用 消炎性駆瘀血薬として,下腹部の満痛,腹部の血液の停滞,月経不順などに応用される.また民間では桃葉を腹痛,下痢に多く用いる.
頻用疾患 無月経, 月経痛, 腹腔内腫瘤, 産後お阻, 下腹痛, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 虫垂炎, 便秘, 咳嗽
含有方剤 葦茎湯 , 葦茎合四順湯 , 瓜子仁湯 , 活血散瘀湯 , 桂枝茯苓丸 , 鶏鳴散[千金] , 牛膝散 , 柴胡疎肝湯 , 潤腸湯 , 舒筋立安散 , 秦艽防風湯 , 折衝飲 , 疎経活血湯 , 大黄牡丹皮湯 , 腸廱湯 , 腸廱湯加芍薬 , 桃核承気湯 , 当帰鬚散 , 桃仁湯 , 謄龍湯 , 破棺湯 , 八味疝気方 , 牡丹皮散 , 薏苡仁湯 [外科正宗] , 桃仁湯
帰経 心・肝・大腸
苦・甘
神農本草経 下品
中医分類 理血薬,
薬能 活血去瘀,潤腸通便.経閉,痛経,癥瘕痞塊,打撲損傷,腸燥便秘に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Prunus persica Batsch
rpl16
 AB469167
 AY500671
trnS-trnG
  AY500733
rpl20-rps12
  AY968557
ndhF-like gene
  EU669129
atpB
  AF209660
psbA
  AF410189
 AF410190
nad1
 AY968485
Prunus persica var. davidiana Maximowicz