メニュー  → 生薬学術情報  → 
連翹
連翹
(れんぎょう)
連翹 入手時名称:連翹
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:16017
Forsythia suspensa 植物名:Forsythia suspensa
撮影場所:日本, 富山県
撮影日時:1995
撮影者:伏見裕利

生薬別名  
生薬ラテン名 Forsythiae Fructus
生薬英名 Forsythia Fruit, Weeping Golden Bell
科名 モクセイ科 Oleaceae
基原 レンギョウ Forsythia suspensa Vahl
薬用部位 果実
選品 大粒で淡かっ色を呈し,表面が平滑な,新しいものが良い(TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
[F. suspensa]: Forsythide, Forsythide methylester

トリテルペノイド Triterpenoids:
[F. suspensa]: Oleanolic acid

リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
[F. suspensa]: Arctiin, Arctigenin, Phillyrin, Matairesinoside, Matairesinol, Pinoresinol, Pinoresinol glucoside, Forsythiaside;
[F. koreana]: Forsythin
薬理作用 利尿作用,抗菌作用(エキス;グラム陽性菌,グラム陰性菌,結核菌).
臨床応用 消炎,利尿,排膿,解毒薬として,瘡瘍の炎症,皮膚病などに応用する.また鎮痛,鎮嘔,通経の効があるとされる.外科方面の妙薬.
頻用疾患 発疹, 皮膚化膿症, リンパ節腫, 発熱, 高熱, 意識障害, 排尿痛, 排尿困難
含有方剤 黄耆建中湯 , 黄連消毒飲 , 黄連解毒湯[回春] , 加減涼膈散 , 加減涼膈散一方 , 響声破笛丸 , 駆風解毒散 , 荊芥連翹湯[一貫堂] , 荊芥連翹湯[回春] , 柴胡清肝散 , 四順清涼飲 , 赤小豆湯 , 舒筋立安散 , 清胃瀉火湯 , 清咽利膈湯 , 清上防風湯 , 清涼飲 , 洗肝明目湯 , 治頭瘡一方 , 内疎黄連湯 , 防風通聖散 , 麻黄連しょう赤小豆湯 , 龍胆瀉肝湯 [一貫堂] , 涼膈散 , 連翹湯 [眼科] , 連翹湯 [丹毒] , 連翹湯 [本朝経験]
帰経 心・胆
微寒
神農本草経 下品
中医分類 清熱薬
薬能 清熱解毒,消腫散結.癰疽,瘰癧,乳癰,丹毒,風熱感冒,温病初起,温熱入営,高熱煩渇,神昏発斑,熱淋尿閉に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Forsythia suspensa Vahl
rps16
 AF225231
Forsythia viridissima Lindley