メニュー  → 生薬学術情報  → 
黄耆
黄耆
(おうぎ)
黄耆 入手時名称:黄耆
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:21546
Astragalus membranaceus 植物名:Astragalus membranaceus
撮影場所:モンゴル, ウブルハンガイ県
撮影日時:2006
撮影者:小松かつ子

生薬別名 綿黄耆, 小綿耆, 北耆
生薬ラテン名 Astragali Radix
生薬英名 Astragalus Root
科名 マメ科 Leguminosae
基原 キバナオウギ Astragalus membranaceus Bunge 又は Astragalus mongholicus Bunge
薬用部位
選品 円柱形で太く, 棒状の柔かい, 外部は淡褐色~黄褐色, 内部は黄白色の味の甘い香気のあるものが良品 (TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Linoleic acid, Linoleinic acid

単糖類 Monosaccharides:
D-Glucose, D-Fructose

少糖類 Oligosaccharides:
Sucrose

トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins:
Astragaloside I, Astragaloside II, Astragaloside III, Astragaloside IV, Astragaloside V, Astragaloside VI, Astragaloside VII, Astragaloside VIII, Soyasaponin I

ステロール Sterols:
β-Sitosterol

イソフラボン Isoflavones:
Formononetin, 3'-Hydroxyformononetin, 2',3'-Dihydroxy-7,4'-dimethoxyisoflavone, 7,3'-Dihydroxy-4'-methoxyisoflavone 7-Oglucoside, Astraisoflavan, 7,2'-Dihydroxy-3',4'-dimethoxyisoflavane
7-O-glucoside, Astrapterocarpan 7-hydroxy-3',4'-dimethoxypterocarpan 7-O-glucoside, Isoliquiritigenin

アミノ酸 Amino acids:
I-Canavanine, Betaine, γ-Aminobutyric acid

その他の含窒素化合物 Other nitrogen containing compounds:
Choline
薬理作用 利尿作用, 血圧降下作用 (水エキス, エタノールエキス).
臨床応用 強壮, 強心, 利尿, 止汗薬として, 虚弱体質, 栄養不良, 汗機能不全, 急性・慢性腎炎などに応用する.
頻用疾患 元気が無い, 疲れやすい, 息切れ, 食欲不振, 冷え, 子宮下垂, 慢性下痢, 血便, 不正性器出血, しびれ, 半身不随, 盗汗, 皮膚化膿症, 浮腫, 自汗, 脱肛, 多飲, 多尿, 皮下出血, 急性腎炎, 慢性腎症, 蛋白尿, 糖尿病
含有方剤 医王湯 , 痿証方 , 烏頭湯 , 益気養栄湯 , 黄耆桂枝五物湯 , 黄耆建中湯 , 黄耆芍薬桂枝苦酒湯 , 黄耆別甲湯 , 黄連消毒飲 , 加味帰脾湯 , 帰耆建中湯 , 桔梗解毒湯 , 帰脾湯 , 芎帰補中湯 , 玉屏風散 , 桂枝加黄耆湯 , 三黄湯 , 紫根牡蛎湯 , 七賢散 , 七物降下湯 , 十全大補湯 , 十味剉散 , 十六味流気飲 , 春林赫石脂湯 , 除湿補気湯 , 助陽和血湯 , 清暑益気湯 , 生津湯 , 清心蓮子飲 , 大防風湯 , 治黄胖方 , 当帰飲子 , 当帰湯 , 当帰六黄湯 , 内托散 [回春] , 内托散 [千金] , 人参散 , 人参養栄湯[局方] , 半夏白朮天麻湯 , 扶脾生脈散加白芨 , 防已黄耆湯 , 防已茯苓湯 , 補腎湯 , 牡丹皮散 , 補中益気湯 , 味麦益気湯
帰経 脾・肺
微温
神農本草経 上品
中医分類 補養薬 (補気薬)
薬能 補気固表, 利尿托毒, 排膿,斂瘡生肌. 気虚乏力, 食少便溏, 中気下陥, 久瀉脱肛, 便血崩漏, 表虚自汗, 気虚水腫, 癰疽難潰, 久潰不斂, 血虚痿黄, 内熱消渇, 慢性腎炎蛋白尿, 糖尿病に応用.
薬徴 肌表の水を主治する也。故に能く黄汗,盗汗,皮水を治し,又傍ら身体の腫,或いは不仁の者を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
「黄耆」は補薬の長である. 黄耆は肌表(皮膚, 皮下組織に相当)の気を補い, 表虚に応用するのに対し, 人参は五臓の気を補い, 裏虚に応用する. 黄耆を大量に用いると, 軽度の掻痒感と発疹を生じる. 中国では Hedysarum polybotrys Hand.-Mazz. に根に由来する晋耆(紅耆)を重用する.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Astragalus membranaceus Bunge
Astragalus mongholicus Bunge
nad1
 EF685972
cox1
  EF685986