メニュー  → 漢方方剤  → 
麻黄加朮湯
麻黄加朮湯
(まおうかじゅつとう)
構成生薬 麻黄 , 杏仁 , 桂枝 , 甘草 , 白朮
適応病態 太陽病期の実証にあり,麻黄湯証で疼痛程度が強く,尿不利の場合に用いられる
適応疾患 関節リウマチ,神経痛,関節炎,急性腎炎,ネフロ-ゼ症候群
原典 金匱要略
条文 「濕家,身煩疼せば,麻黄加朮湯を與うべし,其汗を発するを宜しと為す,慎て火を以て之を攻むべからず(金匱要略痙湿喝病篇)」
備考