メニュー  → 漢方方剤  → 
麻黄湯
麻黄湯
(まおうとう)
構成生薬 麻黄 , 桂皮 , 杏仁 , 甘草
適応病態 太陽病期の実証で,頭痛,発熱,悪寒,身体痛,関節痛,咽頭痛などがあり,自然発汗がない場合に用いられる
適応疾患 悪寒, 発熱, 頭痛, 感冒, インフルエンザ, 高熱, 関節痛, 喘鳴, 気管支喘息, かぜ, 腰痛症, 無汗症, 慢性関節リウマチ, 気管支喘息など, 鼻閉, 鼻閉感, 哺乳障害など, 咳, 鼻閉, 関節痛
原典 傷寒論
条文 「太陽病,頭痛発熱,身疼腰痛,骨節疼痛,悪風し,汗無くして喘する者,麻黄湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽病,脈浮緊,汗無く発熱,身疼痛し,八九日解せず,表證仍在り,此れ當に其汗を発すべし,薬を服し已り須臾にして,其人発煩目瞑し,劇なる者は必ず衂す,衂すれば則ち解す,然る所以の者は陽気重るが故なり,麻黄湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽病十日以去,脈浮細にして臥するを嗜む者,外已に解するなり,設し胸満胸痛する者には,小柴胡湯を與へ,脈但浮なる者には,麻黄湯を與う(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽と陽明の合病、喘して胸満する者は、下すべからず、麻黄湯に宜し(傷寒論太陽病中篇)」
「脈浮なる者は、病表に在り、汗を発すべし、麻黄湯に宜し(傷寒論太陽病中篇)」
「脈浮にして數なるものは、汗を発すべし、麻黄湯に宜し(傷寒論太陽病中篇)」
「傷寒、脈浮緊、汗を発せざるに因りて衂を致す者、麻黄湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「陽明病、脈浮、汗無くして喘する者は、汗を発すれば則ち愈ゆ、麻黄湯之を主る(傷寒論陽明病篇)」
備考 一般用漢方製剤製造販売承認基準収載.
外部リンク: metabolomics.jp