メニュー  → 生薬学術情報  → 
山茱萸
山茱萸
(さんしゅゆ)
山茱萸 入手時名称:山茱萸
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4661
Cornus officinalis 植物名:Cornus officinalis
撮影場所:日本, 和歌山県
撮影日時:1994
撮影者:小松かつ子

生薬別名 杭萸肉
生薬ラテン名 Corni Fructus
生薬英名 Cornus Fruit, Dogwood Fruit
科名 ミズキ科 Cornaceae
基原 サンシュユ Cornus officinalis Siebold et Zuccarini
薬用部位 乾燥果実
選品 果肉が厚く,赤色を呈し,種子の抜き取りが充分なものほど良品 (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Malic acid, Tartaric acid, 有機酸

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Loganin, Sweroside, Morroniside;
Iridoids: Cornin

加水分解性タンニンと関連化合物 Hydrolyzable tannins & related compounds:
Gallic acid;
Trapain
薬理作用 利尿,血圧降下,抗菌(黄色ブドウ球菌・皮膚真菌),抗ヒスタミン,抗アセチルコリン,小腸自動運動抑制作用
臨床応用 滋養強壮,収斂薬として,補腎,盗汗,頻尿,腰膝の疼痛,月経不止などに応用する.
頻用疾患 腰や膝がだるく無力, めまい, 頭のふらつき, 精液漏れ, 頻尿, 尿失禁, 不正性器出血, 月経過多, 多汗, 盗汗
含有方剤 牛車腎気丸 , 八味地黄丸 , 八味丸合人参湯 , 六味地黄丸 , 七賢散 , 大三五七散 , 杞菊地黄丸
帰経 肝・腎
微温
酸・渋
神農本草経 中品
中医分類 固渋薬
薬能 補益肝腎,渋精固脱.眩暈耳鳴,腰膝酸痛,陽痿遺精,遺尿尿頻,崩漏帯下,大汗虚脱,内熱消渇に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Cornus officinalis Siebold et Zuccarini
PI
 EU447705
 EU447706
atpB
 AJ236229