メニュー  → 生薬学術情報  → 
蜂蜜
蜂蜜
(はちみつ)
生薬別名  
生薬ラテン名 Mel
生薬英名 Honey
科名 ミツバチ科 Apidae
基原 - ヨーロッパミツバチ Apis mellifera Linné (GBIF:1341976)
- トウヨウミツバチ Apis cerana Fabricius (GBIF:1341979)
薬用部位 巣に集めた甘味物を採集したもの
選品 淡黄~帯黄褐色でシロップ状. 蜜源植物によって匂いや色調が異なる. 果糖含量の高いものが上質 (TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
ギ酸, クエン酸, リンゴ酸, 乳酸

少糖類 Oligosaccharides:
転化糖, 蔗糖

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
Acethylcholine

その他 Other:
色素, 花粉, 鉱物質, 蛋白質, 酵素, VitaminB群
薬理作用 未詳
臨床応用 配合剤の甘味剤, 丸剤の結合剤などとして用いる. また滋養強壮の目的に用いられ, 漢方処方用薬としては, 鎮吐薬とみなされる一処方 (大半夏湯)に配合されている.
頻用疾患 便秘, 乾咳, 無痰, 腹痛, 四肢の冷え
含有方剤 烏頭桂枝湯 , 烏頭湯 , 赤丸 , 大烏頭煎 , 大半夏湯
帰経 肺, 脾, 大腸
神農本草経  
中医分類 補気薬
薬能 補中, 潤燥, 止痛, 解毒. 腹(胃)虚痛, 肺燥干咳, 腸燥便秘に応用し, 瘡瘍不斂, 火傷に外用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.