メニュー  → 生薬学術情報  → 
猪苓
猪苓
(ちょれい)
猪苓 入手時名称:猪苓
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:7432
Polyporus umbellatus 植物名:Polyporus umbellatus
撮影場所:中国, 吉林省
撮影日時:2005
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Polyporus
生薬英名 Polyporus Sclerotium
科名 サルノコシカケ科 Polyporaceae
基原 チョレイマイタケ Polyporus umbellatus Fries
薬用部位 菌核を乾燥したもの
選品 内部が白色で充実し,よく肥大したものが良品.しなびた感じのものや内部が紅色又は黒色のものは劣品(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
2-Hydroxytetracosanoic acid

多糖類 Polysaccharides:
Glucan

ステロール Sterols:
Ergosterol, Ergosta-4,6,8(14),22-tetraen-3-one

含硫アルカロイド及びその他の化合物 Sulfur containing alkaloids:
Biotin
薬理作用 利尿(水エキス).抗腫瘍(水溶性グルカン).
臨床応用 利尿,解熱,止渇薬として,小便不利,口渇,腎臓疾患などに応用する.漢方では余剰の水を除き,熱を冷ますとされる.
頻用疾患 尿量減少, 浮腫, 泥状水様便, 帯下
含有方剤 胃苓湯 , 茵陳五苓散 , 茵陳散 , 加減胃苓湯 , 加味八脉散 , 九味半夏湯 , 五苓散 , 柴苓湯 , 実脾湯 , 四苓湯 , 腎炎一方 , 腎疸湯 , 猪苓湯 , 猪苓湯合四物湯 , 当帰拈痛湯 , 当帰白朮湯 , 肺疳方 , 巫神湯 , 分消湯 , 回春茵陳散
帰経 脾・胃・肝・胆
神農本草経 中品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 利水滲湿.小便不利,水腫,泄瀉,淋濁,帯下に応用する.
薬徴 渇して,小便せざるを主治する也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Polyporus umbellatus Fries
28S
 AB368109
 AJ489167
 AJ489168
rpb2
  AB368166
btub1
  EU442269
 EU442271
 EU442274
small subunit ribosomal RNA
 AF358741
atp6
  AB368051