メニュー  → 生薬学術情報  → 
膠飴
膠飴
(こうい)
生薬別名 飴糖
生薬ラテン名 Koi
生薬英名 Koi
科名 基原参照
基原 イネ科 Gramineae:
- トウモロコシ Zea mays Linné (IPNI:426810-1)
- イネ Oryza sativa Linné (IPNI:316812-2)

トウダイグサ科 Euphorbiaceae:
- キャッサバ Manihot esculenta Crantz (IPNI:351790-1)

ナス科 Solanaceae:
- ジャガイモ Solanum tuberosum Linné (IPNI:821337-1)

ヒルガオ科 Convolvulaceae:
- サツマイモ Ipomoea batatas Poiret (IPNI:268477-1)
薬用部位 上記植物のデンプン又はイネの種皮を除いた種子を加水分解し, 糖化したもの
選品 未詳
主要成分 単糖類 Monosaccharides:
Glucose, Fructose

少糖類 Oligosaccharides:
Maltose, Sucrose

多糖類 Polysaccharides:
Amylose, Amylopectin
薬理作用 滋養強壮,健胃作用.
臨床応用 滋養,緩和,鎮痛薬として,急迫症状に応用する.作用は甘草に類似するが,甘草は各証に通用し,膠飴は陰虚証に用いる.
頻用疾患 腹が冷えて痛む,乾咳,呼吸困難,無痰.
含有方剤 黄耆建中湯 , 解急蜀椒湯 , 帰耆建中湯 , 小建中湯 , 大建中湯 , 当帰建中湯
帰経 脾, 肺, 胃
微温
神農本草経  
中医分類 補養薬
薬能 補中緩痛,潤肺止咳.
薬徴 膠飴の功は,蓋し甘草及び蜜に似たり。故に能く諸の急を緩む。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
外部リンク: 民族薬物DB
参考文献