メニュー  → 生薬学術情報  → 
芒硝
芒硝
(ぼうしょう)
芒硝
入手時名称:芒硝
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:18278

生薬別名  
生薬ラテン名 Sal Mirabilis
生薬英名 Sodium Sulfate Hydrate
科名  
基原 硫酸ナトリウム(Na2SO4)
薬用部位 鉱物
選品 未詳
主要成分 その他 others
- CaSO4
- MgCl2
- MgSO4
- Na2SO4 (96-98%)
- NaCl
薬理作用 腸の蠕動運動亢進
臨床応用 緩下,消化,利尿薬として,裏の陽実証であって腹部に堅塊のあるもの,宿食,腹満,心腹部に抵抗のあるものに応用する.通常大黄と共に配合される.
頻用疾患 腹満,腹痛,便秘,高熱,意識障害,下腹痛,咽喉潰瘍,口内炎,目の充血,眼痛
含有方剤 橘皮大黄朴硝湯 , 柴胡加芒硝湯 , 大黄牡丹皮湯 , 大陥胸湯 , 大承気湯 , 調胃承気湯 , 通導散 , 桃核承気湯 , 騰竜湯 , 防風通聖散 , 木防已去石膏加茯苓芒硝湯 , 涼膈散
帰経 胃, 大腸, 三焦
鹹, 苦
神農本草経 上品
中医分類 瀉下薬
薬能 瀉熱通便,潤燥軟堅,清火消腫.実熱便秘,大便燥結,積滞腹痛,腸癰腫痛に応用し,乳癰,痔瘡腫痛に外用する.
薬徴 堅をやわらぐことを主る也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
古来の芒硝は結晶硫酸マグネシウム MgSO4・7H2O であり,馬牙消,英消,消石などとも称していた.今日,芒硝の基源鉱物として,『日本薬局方』の硫酸ナトリウムを用いているが,これは朴消に充てて用うべきである.なお,正倉院に保存されている芒硝は結晶硫酸マグネシウムである.
外部リンク: 民族薬物DB, metabolomics.jp
参考文献 主要成分
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp. 360-362.