メニュー  → 生薬学術情報  → 
薄荷
薄荷
(はっか)
ハッカ 入手時名称:ハッカ
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:9844
Mentha piperita 植物名:Mentha piperita
撮影場所:日本, 北海道
撮影日時:1990
撮影者:小松かつ子

生薬別名 蘇薄荷
生薬ラテン名 Menthae Herba
生薬英名 Mentha Herb
科名 シソ科 Labiatae
基原 ハッカ Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud
薬用部位 地上部
選品 葉の青味が強く,香気の強いものが良品 (TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
l-Menthol(精油約1%の70~90%), l-Menthone, 1,8-Cineole, Isomenthone, d-Neomenthol, α-Pinene, Camphene, Menthenone, l-Limonene, Piperitone, Piperitenone, Pulegone

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
β-Caryophyllene, Germacrene-D
薬理作用 中枢抑制,血管拡張,皮膚刺激,鎮痙作用(精油).局所刺激,局所麻酔,鎮痙,駆風,利胆,駆虫作用(menthol).
臨床応用 芳香性健胃,駆風薬,頭痛,目まい,咽頭痛,瘰癧,心腹脹満などに応用する.多くはl-menthol(防腐,局所麻酔),ハッカ油,ハッカ水などの製造原料とする.
頻用疾患 発熱, 悪寒, 頭痛, 無汗, 咽喉の腫脹疼痛, 目の充血, 麻疹, そう痒, 胸脇が張って痛む, 腹満, 腹痛, 嘔吐, 下痢
含有方剤 加減涼膈散 , 加減涼膈散一方 , 加味逍遥散 , 加味逍遥散合四物湯 , 響声破笛丸 , 荊芥連翹湯[一貫堂] , 香芎湯 , 柴胡清肝散 , 滋陰至宝湯 , 瀉胃湯 , 逍遥散 , 清胃瀉火湯 , 清咽利膈湯 , 清上防風湯 , 清涼飲 , 洗肝明目湯 , 川芎茶調散 , 知母茯苓湯 , 内疎黄連湯 , 八味逍遥散 , 防風通聖散 , 龍胆瀉肝湯 [一貫堂] , 涼膈散
帰経 肺・肝
神農本草経  
中医分類 解表薬 (辛凉解表薬)
薬能 宣散風熱.清頭目,透疹.風熱感冒,風温初起,頭痛,目赤,喉痺,口瘡,風疹,麻疹,胸脇脹悶に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud
rpl16
 AY618532
Mentha haplocalyx Briq.